4D Volume Segmentation Software, RoiPainter4D


RoiPainter4D    I/O    Visualization    Segmentation    Refinement   


概要

RoiPainter4Dは,X線CTやMRI装置で撮影された四次元画像を観察・領域分割するためのソフトウエアです.
井尻敬(芝浦工業大学准教授)が主体となり,芝浦工業大学の学生や,医療機関の医師・研究者の協力のもと開発しています.
ソースコードはGithubにて公開を予定しています.

RoiPainter4Dの起動には,Visual Studio 2017 runtimeが必要です.起動に不具合がある場合は以下をインストールしてください.
Visual Studio 2017

本ソフトウエアは研究のためのプロトタイプです.
開発者,開発協力者,及び,開発者所属機関は,本ソフトウエアを利用して起きた損害に関し責任を負いません.

※本Webページ・ソフトウェアは作成中のものです.公開しながら開発を進めています。

Download


RoiPainter4D20190418.zip
全体的なUIを修正し,細かな高速化を行い,LocalRegionGrowing(cylinder, 食塊用)のデバッグを行ないました.
TODO : マニュアル作成,LocalRegionGrowing(sphere)のデバッグ、ソースコード公開


RoiPainter4D20190404.zip
全体的なUIの修正し,剛体追跡のバグを修正しました.現在,ソースコード公開に向けてリファクタリング中です.
SegLocalRegionGrowing(Sphere/Cylinder)は現在UIの修正作業中です.4月中にUIの修正と詳細なテストをして更新をする予定です.


RoiPainter4D20170825.zip
基本的なデータのインポート(dcm, dcm3d, traw3D_ss),データ出力(obj),可視化ツール(伝達関数,局面断面),領域分割ツール(Paint and Lasso, Threshold and RegionGrowing, Closest Pixel),ストロークトリミングでトリミングした領域を別領域にする機能,マスク生成,を実装済み.