RoiPainter I/O

back to top


RoiPainter    I/O    Visualization    Segmentation   


I/O in RoiPainter

RoiPainterでのデータの読み込みと書き出しについての説明です.







Open data

D-1) file > Open traw3d (.traw3d_ss, .pvm)
D-2) file > Open Weather data (.txt)
D-3) file > Open slices (bmp, tif)
D-4) file > Open DCM slices (.dcm)
D-5) file > Open 3D DCM (.dcm)



Save and Load mask

M-1) file > Save Mask
M-2) file > Load Mask
M-3) file > Save Mask As Fav



Export volume

Ev-1) file > Export Volume As traw3d_ss



Export and Import camera position

C-1) MISCS > Export Current Camera
C-2) MISCS > Import Camera Position



入力データを積み重ねる方向について


RoiPainterは,bmp/dcm/tifなど二次元スライス画像や,traw3d_ss/3d dicomなどの3次元画像を読み込みます.
これら3次元画像は,左上が原点(windowsの仕様)の二次元画像を積み重ねた構造を持ちます.

画像データ・マスクデータの読み込み後,RoiPainterは以下のダイアログを表示します.
このダイアログより画像をスタックする方向を指定してください.
※ dcmなど積み重ねる方向をデータ内に含む画像については,自動的に決定されます.



ダイアログ中の図の通り,3次元空間の原点は左上手前になります.
※ 読み込み時にDescending orderを選択した場合,その後画像やマスクをexportすると,z軸方向に反転したものが出力されます.
※ 画像とマスクは同じスタック方向を指定する必要があります.